LINK
投資というものは、基本的には動きが有るものを用いることが多いです。私たちの身の回りには、価格が変動しているものがいくつか存在するものです。 その代表的なものは、やはり株券だと思います。株価の価格が変動しているという概念は、恐らく多くの方々はご存知かと思います。 株だけではありません。貴金属や穀物などもそうです。貴金属の金の価格が常に変動しているという話も、多くの方々はご存知かなと思いますが。大豆や小豆や米などの穀物の価格も、常に変動しているものです。 それら商品の「変動する」という性質を用いて、投資というものが行われることが多いわけです。 例えば、ある商品を10,000円で買ったとします。数ヶ月後にその商品の価格が15,000円になったので売却をした場合には、差し引き5,000円分の利益が生じるという訳です。 ただし投資にはリスクもあります。逆に7,000円などに下落してしまう可能性もあります。その場合は、3,000円分の損失になります。ですので投資では、しばしばそのリスクが強調されることがあります。 何しろ投資では、このように変動するものが用いられることが多い訳です。